引っ越し人気記事

台風や大雨発生時の引っ越しは延期できる?こんな悩みを解決します!

台風

本記事の内容

  • 引っ越しは延期できるのか
  • 延期・キャンセル時の対応

「引っ越しの延期はできるの?」「「キャンセルの仕方が分からない」このように悩んだ経験はありませんか?

台風や大雨などの影響でどうしてもキャンセルしないといけないケースはあるでしょう!

基本的に業者側から引っ越しをキャンセルしたいと申し出ることはありません!

しかし、お客様側からキャンセルの依頼があれば対応はしてもらえます。

ですがこの場合、キャンセル料が発生してしまう可能性があるのです。

ではどうすれば料金を払うことなく引っ越しをキャンセルすることができるのでしょうか?

今回は引っ越しの延期・キャンセルについて解説をします。

今回の記事を読めば引っ越しの延期・キャンセルのやり方を理解することができるようになります。

台風のとき引越しは中止できる?

まず、引っ越し業者は台風だろうと引っ越し作業をやめることはありません!

もちろん安全に引っ越しを行うためにや仕方なく業者側から引っ越しを延期したいと申し出るケースもあります。

しかし、業者には次のお客様の引っ越しがあるので基本的には「雨天決行」です!

引っ越しが延期になるケース

  • お客様から引っ越し中止の依頼がある
  • クレーンなどを使用する場合に危険と判断された場合
  • 災害などが発生した場合

あなたが引っ越し中止を依頼する以外に作業を中止することは基本的にはないことを覚えておきましょう!

お客様から中止の依頼は料金が発生する

中止

お客様から引っ越し中止・キャンセルの依頼があれば引っ越しはとりやめとなります。

しかし、場合によってキャンセル料が発生してしまうことがあります。

「標準引越し運送約款」によると

当日 引っ越し料金の50%
1日前 引っ越し料金の30%
2日前 引っ越し料金の20%
3日以上前 無料

つまり引っ越し金額が8万円であれば当日キャンセルで4万円のキャンセル料が発生してしまいます。

引っ越し業者によっては延期の措置をとり、キャンセル料を取らない場合もあるようですが、一般的にはキャンセル料が発生すると、考えておきましょう。

業者へのキャンセル連絡のやり方はこちらの記事で解説しています!

【コロナ】引っ越しをキャンセル・延期したい場合の対処法を解説します!

続きを見る

中止や延期による再調整は大変

引っ越しを一度中止や延期した場合には振り出しに戻ると思っておくほうがよいでしょう。

最悪の場合見積もりから取り直すケースもあるようです。

引っ越し業者は時期や曜日などのあらゆる条件を踏まえ金額を算出しています。

ですので引っ越し日が変わるということは引っ越し料金が変わることもあるということです。

このようにあなたの引っ越しを他のお客様の予定もある中で間に組み込むのはとても大変なことです。

延期の場合はあなたの予定通りにいなかいかもしれないと考えておきましょう。

大風の引っ越しでの注意点

台風の中での引っ越しは通常とは違うため注意しなければいけないことがいくつかあります。

雨天での引っ越し注意点をまとめました!

  • 濡れないような梱包を行う
  • 頑丈に梱包する
  • 家電などすぐ拭けるようタオルを準備しておく
  • 短時間で終わるよう前準備をしっかり行う

まずは台風の時には雨や風に注意が必要です。

濡れないような梱包や落下しても破損しないような頑丈な梱包を心掛けましょう。

また家電や家具が濡れたらすぐ拭けるように多めにタオルを準備しておくと良いでしょう。

そして短時間で終わらせることが最も重要です!

しかし、これは急ぐことではありません。焦って作業するとかえって危険です!

悪天候での引っ越しが予想される場合には短時間で終わるようにしっかり段取りを取っておくことが大切です。

あらかじめ家具や家電を置く場所を決めておくなどしておくとスムーズに作業が進みます!

まとめ

まとめ

今回は台風や大雨の時の引っ越しについて解説をしました。

本記事のまとめ

  • 台風や大雨であっても引っ越しは行われる
  • 危険と判断されれば業者から連絡がある
  • お客様側からのキャンセルの場合2日以内であれば「キャンセル料」が発生する
  • 悪天候が予想される場合にはあらかじめしっかり準備をしておく

台風の威力や影響の予想にもよりますが台風の場合でも引っ越しは行われると考えておきましょう!

短時間で終わらせるためにスタッフが増員されるケースもあるようです。

また、悪天候が予想される場合には梱包などには工夫が必要です。

ただ段ボールに入れるだけではなく、ビニールで梱包するなどして濡れないような対応を心掛けましょう!

引っ越しを天気が悪い中で行うのはリスクがあります。

もしもあなたが危険だと判断した場合にはすぐに引っ越し業者へ相談するようにしてください!

-引っ越し人気記事