引っ越し土産

【手土産品は渡すべき】引っ越し挨拶の手土産におすすめの品3選!

手土産

本記事の内容

  • 引っ越し挨拶の手土産品は渡したほうが良いのか
  • 手土産におすすめ3選
  • 渡し方のマナー
  • 手土産品はどこで買うのか
プロフィール

引っ越しの際にご近所さんに挨拶に行く方は多いのではないでしょうか?

そんなとき「手土産は持っていくべきなの?」「何を持っていくといいの?」

こんな風に思った経験がある人もいるでしょう。

引っ越しの手土産品はできるだけ渡すべきです。

ではどんなものを、どのように渡すと良いのでしょうか?

今回は引っ越し挨拶時に渡す「手土産品」について解説します。

この記事を読めば喜ばれる手土産を上手に渡すことができるようになります!

手土産は渡すべきなの??

手土産

引っ越しの挨拶は新生活をスタートするうえでとても大切です。

近所の方は「どんな人が引っ越してきたのだろう」と気になっているはず。

自分のことを知ってもらうためにも軽い自己紹介程度で良いので挨拶に伺うようにしましょう。

その時にはぜひ、「手土産」を持っておくことをおすすめします。

手ぶらで挨拶に伺うよりも「手土産」を持参することで相手に与える印象も良くなります。

相手に気を遣わせない程度の品を渡すようにしましょう!

手土産におすすめの品3選

プレゼント

引っ越しの挨拶に行く際には「手土産」を持っていくようにしましょう。

手土産があるのとないのとでは相手に与える印象が変わってきます。

ここでは手土産で喜ばれやすい品を3つ紹介します。

貰ってもお困らない 「お菓子類」

お菓子

最初におすすめするのは定番、チョコレートやビスケットなどのお菓子類です。

お菓子は貰って喜ばれることが多いため手土産として最適です!

しかし、お菓子類は気温などの変化に弱いため渡し方には注意が必要です。

挨拶に伺った際に不在だった場合でも手土産を置いて帰るのはやめましょう。

お菓子選びのポイント

  • 日持ちの良いものを選ぶ
  • 500円程度のお菓子にする
  • 好みの分かれない定番のお菓子を選ぶ

まずは、なるべく日持ちの良いものを選ぶようにしましょう!

すぐに食べるとは限らないため、賞味期限の長いものを選んでおくといいですね!

好みが分かれてしまうかもしれないので変わったお菓子を選ぶよりは定番なのもを選ぶほうが良いでしょう。

定番 「消耗品類」

タオル

2番目におすすめするのは「消耗品」です。

おすすめの消耗品

  • タオル
  • 洗剤
  • ティッシュペーパー
  • トイレットペーパー

タオルや洗剤、トイレットペーパーなどは使用期限がないことや使用頻度が高いため貰って喜ばれやすいのが理由です。

消耗品選びのポイント

  • シンプルなデザインを選ぶ
  • セットで売ってある安いものでOK

タオルやハンカチなどを選ぶ際は好まれやすいシンプルなデザインにするようにしましょう。

誰でも使いやすいものを選ぶようにすることが大切です!

毎日使うから嬉しいとの声が多い「お米類」

お米

引っ越しの手土産品として「お米類」は実際に渡す人も多く、おすすめです!

お米が喜ばれる理由

  • どの家庭でも毎日食べるものであるから
  • 賞味期限などを気にする必要がない
  • 普段食べない品種のお米などを貰えると嬉しい

真空パックで包装されているお米プレゼント用なども販売されています。

変わったお米やちょっとオシャレなものを選ぶと喜ばれること間違いなしですね!

「手土産品」はどこで買うといいの?

スーパーマーケット

では引っ越し挨拶で渡す手土産品はどこで買えばいいのでしょうか?

  • デパートや百貨店
  • アウトレットモール
  • ネット通販

デパートや百貨店

デパートや百貨店では自分の目で見て買えるため、思っていたものと違ったなどがなくもらう側の事を考えながら買うことができます。

また、店員さんからアドバイスを貰うこともできるためよりスムーズに購入をすることができます!

店舗内での人気の手土産品などを選ぶことができるのでおすすめの方法です!

また、デパート百貨店ではしっかりと包装してくれるのも良い点です。

のし紙なども付けてくれるかもしれませんので遠慮なく聞いてみましょう!

アウトレットモール

アウトレットモールはオシャレな物や変わったものを見つけたい人にはおすすめです!

種類も豊富で比較的安く買えることもあるため、探してみると良いかもしれません。

現地ならではの珍しい手土産品を見つけることができるかもしれませんよね!

ネット通販

ネット通販は引っ越し準備などで忙しく買いに行けない場合などに利用すると便利です!

自分で買いに行かずに家まで届けてくれるのは便利ですね!

ネットなので直接現物を見ることはできませんが、種類は豊富で楽なので個人的にはオススメです。

しかし、現物が届くまでに1日以上はかかるため今すぐ欲しい方には適していないかもしれません。

手土産の渡し方

渡す

手土産を渡す際には3つのポイントがあります。

  • 手土産品には「のし紙」をつける
  • 大切なのは「挨拶」
  • 不在の際は再訪問か手紙を添えてポストへ

手土産品には「のし紙」をつける

手土産品には「のし紙」をつけるようにしましょう!

のし紙には「外のし」と「内のし」の2種類があり、引っ越しには「外のし」を使用します。

表面部分に「ご挨拶」という文字と自分の名前を入れ、手土産品に付けましょう!

大切なのは「挨拶」

あくまでも手土産は添え物なだけであって、大切なのは「挨拶」です。

挨拶では「自分の名前」と「よろしくお願いします」をきちんと伝えましょう!

そして、「つまらないものですが。」「ほんの気持ちです」と言って渡すようにしましょう。

不在の時は

伺ったときに不在だった場合は再訪問もしくは手紙を添えてポストに入れておくと良いでしょう!

ポストに入れるときには誰からのそんな贈り物なのか分かるようにしておく必要があります。

手土産品が食べ物などの傷みやすいものの場合はなるべく再訪問するようにしてください。

まとめ

まとめ

今回は引っ越し挨拶で渡す「手土産品」について解説しました。

手土産品のポイント

  • 挨拶の際は手土産を渡したほうが良い
  • 手土産は相手に気を遣わせない500円~1000円程度のもの
  • 渡す際には「のし紙」をつけ、きちんと挨拶をする

どうしても手土産品選びで悩む場合は「自分が貰ったら嬉しいもの」で考えると選びやすいでしょう!

基本的にはシンプルで誰にでも喜ばれるものを選ぶようにしてください。

引っ越しの挨拶でご近所さんに覚えてもらうためにもマナーある挨拶を心掛けましょう!

-引っ越し土産