引っ越し掃除

【引っ越しの掃除はしない?】退去時の掃除のやり方やコツを解説!

掃除

本記事の内容

  • 引っ越しの掃除でやるべきこと
  • 掃除のコツやポイント
プロフィール

「引っ越し退去時の掃除はしたほうがいいの?」「どこを掃除したらいいの?」

このように思った経験はありませんか?

実際、どこを掃除したらいいのか分からずなんとなく全体的に掃除している人も多いはず。

引っ越しの退去時には最低限の掃除をする必要があります。

これを「原状回復の義務」といいます。

しかし、掃除をしないといけないからと言ってむやみやたらにやっていては時間がいくらあっても足りません。

実は、退去時の掃除では覚えておきたい掃除のポイントがあります!

この記事を読むことで掃除のポイントやコツを理解し、スムーズに掃除を終わらせることができるようになります!

引っ越し後の掃除はしないといけない??

清掃画像

引っ越し後には旧居にクリーニング業者が入るため「掃除しなくてもいいのでは?」と思いますよね。。

実際にはクリーニング業者が掃除をしてくれるため掃除が不要な物件もあります。

しかし、掃除を一切せずに部屋を出ていくのは大家さんに失礼ではありませんか?

ですので退去時には「最低限の掃除」は行うようにしましょう!

また、入居者には退去時に「原状回復をする義務」というものがあります。

つまり入居時と同じ状態に戻す必要があるということです。

掃除をせず退去するとどうなる??

掃除をせずに退去した場合以下の2つを請求される可能性があります。

  • 敷金が返ってこない
  • 原状回復費用(クリーニング費)を請求される

掃除をせずに退去した場合、通常退去時に返金されるはずの敷金が返ってこない可能性があります。

これは大家さんなど貸主側がクリーニング費用として徴収するからです。

また、敷金の返却などが無かった場合には「原状回復費」として修繕費を請求される可能性もあります。

引っ越しの無駄な出費を増やさないためにも「掃除」は必ず行いましょう!

過失があり修繕費を請求される場合

壁に穴を空けてしまったなど借主側の過失によって破損等が生じた場合は「修繕費」を請求されることがあります。

入居期間中には壁や窓などを傷つけるような行為は行わないようにしましょう。

経年劣化や通常の生活によって生じた損傷は貸主側の負担となるため、借主側の負担にはなりません!

経年劣化の例

  • 日照りによる壁や床の変色
  • 家具や家電の跡
  • 通常使用による冷蔵庫の電気焼けなど

過失等でない場合に請求された場合には応じないようにし、大家さんや不動産会社に相談するようにしましょう!

引っ越し掃除箇所とコツ

掃除のコツ

退去時の掃除でやるべきところは3箇所です!

この3箇所は確実に掃除が必要な場所ですのでやり残しが無いように注意ししましょう!

家具や家電が置いてあった場所

家具や家電が置いてあった箇所は引っ越し作業終了後に掃除が必要です。

ここには埃やゴミなどが溜まっている場合が多く、掃除は必須となります。

  • 掃除機を使って埃汚れを取り除く
  • モップや雑巾で拭き掃除

畳などの拭き掃除は雑巾とお湯を使うことで綺麗に掃除ができますよ!

壁・窓・天井

壁の掃除は基本雑巾などで拭き掃除を行ってください。

しかし、黒いシミなどは取れない為濡れた雑巾に中性洗剤を浸み込ませ拭き上げると楽に取れるでしょう。

窓掃除の際は濡らした新聞紙を拭き掃除に使用すると良いでしょう。

新聞紙のインク油がカラス窓などについている手垢などを拭きとってくれます!

天井も壁と同じく雑巾での拭き掃除を行ってください。

照明などを外した際に跡が残ることも多いので中性洗剤などを使用し念入りに掃除を行いましょう!

トイレ・お風呂掃除キッチン

トイレ掃除は普段の掃除の要領で行ってください。

壁や床の拭き掃除も忘れずに!!ウエットシートなどを使用するとトイレ掃除は楽に行えますよ!

お風呂掃除は通常の掃除+水垢、カビ取りを行うようにしましょう。

市販の水垢落としやカビ取りを使用し掃除を行ってください。

水垢やカビが残っていると「原状回復費」を取られることがあるため注意してください。

キッチンは流し場、ガスコンロ置き場、換気扇の掃除が必要です。

水垢や油汚れが残りやすいこれらの箇所は念入りに拭き掃除をしてください。

市販で良いので水垢、油落としを購入してやってみてください!

水回りの掃除は大変なので「ハウスクリーニング業者」に依頼してみても良いかもしれません!

プロに依頼することで短時間綺麗に掃除をすることができますよ!!

【一人暮らしの引っ越し】退去時の掃除におすすめのハウスクリーニング業者3選

掃除後のチェックポイントって?

チェックポイント

掃除後はいくつかチェックポイントがあります!

退去前の最後の確認ですのでやり忘れなどが無いかしっかり確認しましょう。

掃除後は掃除のやり残しがないか確認する

掃除が終わったら先ほど説明した箇所に掃除のやり忘れがないか確認してください。

特にゴミの捨て忘れが多いので注意しましょう!

引っ越しの際に付いた傷がないか確認する

掃除が終わったら部屋内の壁や床などに傷がついていないか確認するようにしてください。

引っ越しの際に付いた傷の修理費は業者負担にできるため決してそのままにしないこと!

そのまま放置してしまうと、原状回復費を請求されてしまいます。

忘れ物がないか確認する

掃除の終了時には必ず忘れ物がないか確認しましょう!

  • 物干し竿
  • 洗濯ばさみ
  • カーテン

これらは忘れる人が多いため注意してください。

退去後の忘れ物は送ってもらわないといけなくなるため大変です。

必ず、最後に忘れ物がないか確認してください!

まとめ

掃除まとめ

引っ越し後の掃除のポイント

  • 引っ越し後は掃除を必ず行うこと
  • 掃除は家具が置いてあった場所や壁や床、トイレ・お風呂場など私生活で使用した箇所を掃除する
  • 掃除終了後はやり忘れ、忘れ物がないか確認する

引っ越しの終了後の掃除は必ず行わなければいけません。

原状回復費などによって無駄な出費とならないよう必ずやっておきましょう。

また引っ越し当日に掃除を済ませないといけないケースもありますので掃除の事前準備、片づけなどが大切です!

掃除の流れややり方をあらかじめ予習しておくことでスムーズに掃除を行うことができます。

ぜひ、この記事を参考にして掃除を行ってみてください!

-引っ越し掃除